経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / 会社経営は問題解決業のようなものです。

会社経営は問題解決業のようなものです。

問題解決業と考える

次から次に起こる問題を解決して行くのが経営者の仕事かも知れない。一つ上手く行ったと思ったら、異なる問題が次々に発生します。人為的問題・環境的問題・構造的な問題と様々あるでしょう。そこにフラストレーションなんか感じている暇はありません。

問題解決

問題解決を楽しむ経営

企業における問題解決の必要性は企業が存続する限り永遠と存在するでしょう。しかし、経営者が抱える問題を企業が一つの方向を目指して解決に当たるのが望ましいですね。もちろん、企業のスタイルによりますね!しかし、問題の抽出能力・原因追求能力があって問題解決力が培います。できれば、問題解決も楽しんで行えるようになることだが必要でしょう。

責任の所在

すべての問題発生は、人為的問題・環境的問題・構造的な問題であろうが、すべて経営者の責任となりますね。しかし、社員一人づつも枠を超えた責任感を持って貰う必要があります。自己の責任だけでは、無責任であると私は考えます。もちろん、優秀な社員にしか、それは求めません。
ロッククライミングでトップを登る人がミスをしたら自分も命の危機に遭遇するからです。

TAKEUCHI TORU

-