経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / マーケティングフレームワークを考える。

マーケティングフレームワークを考える。

マーケティングフレームワークで考えるWEBマーケティング

数々のマーケティングフレームワークがある。私は、まずクライントに最も適した2〜3のフレームワークで分析やプランニングを行う。また、コンサルティングを行うときも同様となる。まず、クライントのビジネス自体が売れる商品でなければ、どんなに素晴らしいウェブデザインをしてもその効果は得られない。

費用対効果 ウェブサイト

主なマーケティングフレームワーク

長野県松本市ホームページ制作では、以下のフレームワークを元にしてホームページが制作されます。正しいマーケティングを理解したマーケッターが必要になる作業です。
STP分析
4P(マーケティング・ミックス)
PLC(プロダクト・ライフサイクル)
イノベータ理論
売上5原則
プロモーション
AIDMA〜消費者購買モデル
マズローの5段階欲求階層説
パーチェスファネル
RFM分析
パレートの法則

マーケティングとは分析から始まる

市場調査はもちろん、スタートとなるのだが、その調査も上記のフレームワークによって行う。特に売上5原則・AIDMA〜消費者購買モデルを利用することが多いだが、これらのフレームワークを基本考え分析されなければ、どうやってアプローチをするのかも決まらない。マーケティングとは常に仮設を立て、それをテストとして実行するのである。よってウェブサイト等は運営中の変更は度々必要になる。よってとしたい効果の非常に高いウェブサイトが制作される。

TAKEUCHI TORU

-