経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / サービス業  / オンリーワンよりナンバーワン!を目指す小さな会社

オンリーワンよりナンバーワン!を目指す小さな会社

よく、「オンリーワンの会社を目指せ!」というが、私は「ナンバーワン」も会社づくりを目指した方がいいと思うのです。
例えば、日本で一番高い山は?と問われれば、誰も富士山と答えるでしょう。それでは、日本で二番目に高い山は?と問われると多くの人は答えられない。それほど、1位と2位の差は大きい。つまり、ただのオンリーワンの会社より、一番の会社の方が人に覚えてもらえる。日本で一番と言っても「売上が一番」でなくても、なにか特化したコアコンべテーション(強み)があればいい。もちろん、ニッチで構わない。「日本で一番笑顔がいいラーメン屋」でもいい。

なんばわ~ワンお会社を作ろう

自社のサービスでも同じである。全てに徹底して地域一番のサービスをすることも大切だろう。一つ一つに手間を掛けることにいよって他社との差別化が可能になる。どこでも同じようなものを売っていても、その差は大きい。一つ一つの工程でちょっとした差が大きな差となる。最終的にはその工程を担当する人間お人間力に頼ることになる。クリーニング屋さんが、作業の最終工程でお客さまに手渡す時の笑顔や気遣いがナンバーワンの会社を作る。そんな時、気遣いの出来ない自然な笑顔が出せない人にそれらの工程の仕事をさせてはいけない。

あなたも経験があるでしょう?まだ仕事になれないコンビニのアルバイトの中年定員に「大変な仕事しているな〜!笑顔がぎこちない・・・?」そんな想いをしたことがありませんか?どんなに商品数が少なくても「笑顔」というサービスは最高のサービスなのです。

TAKEUCHI TORU

-