経営革新等支援機関 ATF&TTCO / 営業  / 顧客の心を熱くさせるには?

顧客の心を熱くさせるには?

潜在顧客のこころを熱くさせるには、どんな方法があるのだろうか?・・・人は、感情で動く。つまり最終的には人と人になるのが、それはシステムではなく、それを購入したあとに自分が、自分の望みがかなそうに感じれば、人は、その商品やサービスに心を熱くする。心が暑くなると価格や時期などのファクターをあまり気にしなくなる。
例えば、主婦がバッグを購入するとPTA会合でみんなに自慢できると考えれば、そのバッグにこころが熱くなる。住宅販売も保険販売も全て同様である。人は、何かの購買行動で自己のこころの満足を求める。ダイエットサプリを買う人は、痩せた自分が周囲から認められるシーンを想い、それを望む。
これは、B TO Bでも同じである。経営者が抱えている問題が解決しそうに感じれば、経営者もあなたの会社と契約を結ぶだろう?
<h3>潜在顧客の心を熱くさせるには?</h3> まずは、相手の話に耳を傾けることだ。そして、相手の話を引き出し、感情移入することだ。それが出来れば、潜在顧客はあなたのファンになってくる。そこから相手は、あなたの話に耳を傾けてくれる。まず、お相手から相手の本音を聞き出すことから始める営業マンは、相手が何を望んでいるのかが見えてくる。あなたは、自己のサービスや商品の話を進めるのではなく、それを購入後の顧客が得られるものを話をすればいい。

潜在顧客の心を熱くさせるには?

まずは、相手の話に耳を傾けることだ。そして、相手の話を引き出し、感情移入することだ。それが出来れば、潜在顧客はあなたのファンになってくる。そこから相手は、あなたの話に耳を傾けてくれる。まず、お相手から相手の本音を聞き出すことから始める営業マンは、相手が何を望んでいるのかが見えてくる。あなたは、自己のサービスや商品の話を進めるのではなく、それを購入後の顧客が得られるものを話をすればいい。

相手の話に耳を傾ける利点

ビジネスは信頼感家で成り立つ。自分の話をよく聞いてくれる人には、信頼を寄せる。つまり、営業の第一歩をクリアーしたことになる。そして、相手の話に感情移入できれば、相手が望んでいるものが分かる。

TAKEUCHI TORU

-