経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / 仕事の出来る人・出来ない人の差はココにあった。

仕事の出来る人・出来ない人の差はココにあった。

仕事の出来る人
私は、今まで多くのクリエーターやシステムエンジニアリングを見てきた。そして、私は、出来る人と出来ない人の違いを分析している。
出来る人は、仕事にスタート時と終了時に出来ない人と異なった10分くらいの行動を取っている。逆に出来ない人は、ただ仕事に追われ時間に追われている1日を過ごす。まるで、仕事や時間の奴隷のようなものだ。
1日20分のことで、仕事能率や生産高が大きく異なる。それは、仕事のスタート時に自分の予定を再確認すること。終了時に1日の反省と明日の予定を確認することだけだ。

スタート時と終了時にやること

1、朝、自分の1日の目的とやらなければならないことを20項目書き出す。
この20項目が意外と出てこないのだが、それを考えることで、想像力が養え、落としていたタスクを発見できる。

2、仕事終了時に予定通り出来なかったことをリストアップしてその対策と明日の準備をする。
これがとても大切なことで、この作業をしっかりとこなす人は残業をほとんどしない。

つまり、出来る人と出来ない人の違いは、1時間を大切にしている。その差が、仕事効率を変え得る。また、この大切さを理解し、実行できないから出来る人になれないのかも知れない。そして、出来る人になるには、一日のスタート・終わりを大切にする。その行動を継続させることだ。

継続については、前回のブログで記載したので、時間があれば、読んでください。
決めたことが、三日坊主になるのならない方法!»

人生を100倍素敵に生きる仕事術。
無料メールマガジン「人生を100倍素敵に生きる仕事術」の購読申し込みページです。
週一の予定で配信しております。
基本的には毎月曜日の7時に配信しております。
どうぞ、お気軽にご購読ください。

TAKEUCHI TORU

-