経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / サービス業  / ストレスト闘う愚かな経営者のために

ストレスト闘う愚かな経営者のために

私の無料メールマガジンをどうぞ。購読してください。
人生を100倍素敵に生きる仕事術。
こんなことをメールマガジンで書いてます。

このタイトルの愚かな経営者とは私の事だ。もちろん今は違う。
私は怒りたい時に怒っている。だからストレスを楽しんでいる。

ストレスについて学んでみた

そして、こんなTEDのビデオを見つた。そして、
ケリー・マクゴニガル 「ストレスを友達にする方法」を見てからは変わった。
ストレスを和らげるには、人に優しく人のために行動することらしい。

アメリカ人の成人3万人を8年に渡って調査した結果、
ストレスが体に良くないと思った人の死亡率は、43%。
ストレスが体に外がないと思っている人の死亡率は低くなる。

詳しくは以下のYouTubeを見て欲しい。

ストレスを楽しむ方法

多くの人が、実は死なないでよかったのに、「ストレスが体に悪い」と思っただけで死亡率が高くなるらしい。問題は、「部下が思うように動いてくれない」。「売上が思うように伸びない」。それらの問題はすべて自己にあル問題であることを認識しなければならない。自分との闘いがそこにある。しかし、それこそストレスを生む原因になる。つまり、ストレスの原因はすべて自己にあることを認識した上で、それを認めることだ。そこで自己改善をしようとするとまたストレスが発生する。ならばそれらを楽しんで行うことだ。ストレスと友達になろう。
詳しくはビデオ見てください。
ケリー・マクゴニガル 「ストレスを友達にする方法」

自分に優しくする技術

挫折感や自制心が保てないのは、人間だからである。そして、ストレスのもとのような社員もまた人間だ。つまり、ストレスを感じるのは、人間であると行ことを認識する必要がある。経営者も人間である。そんなものと闘う必要はない。「だれでもあることだ」「だれでも感じることだ・」とストレスを感じる未熟な自分をまず許すことからはじめてみては、いかがだろのうか?


ケリー・マクゴニガル 「ストレスを友達にする方法」
YouTUbe設定を日本語にしてください・

私の無料メールマガジンをどうぞ。購読してください。
人生を100倍素敵に生きる仕事術。
こんなことをメールマガジンで書いてます。

TAKEUCHI TORU

-