経営革新等支援機関 ATF&TTCO / ブログ  / いつも挑戦者でいる!ことの必要性。

いつも挑戦者でいる!ことの必要性。



以前、「54歳、今が旬のイケイケ人生」メルマガジンで、「自分を見積る」というテーマで書いたことがある。それを簡単に解説すると、自分の価値をどの位かを自分で見積もった時、その見積が低ければ、自分の成長は、どんない頑張っても見積り程度にとどまってしまう。逆に高く見積もれば、今自分やらなければいけないことや、視点も広くなる。・・・そんな内容でした。

Challenger

自分を成長させるために!

もう一つ、自分を成長させるためには、試練や挫折を味わうということです。アメリカの投資家は、初めて起業する起業家より、一度失敗した起業家を高く評価する。日本では残念ながらそんな考え方をする投資家は少ない。もちろん、望んで失敗をする必要はない。だが、人間が大きく変われる時は、挫折を味わって、底から這い上がる時ではないか?

ここで、重要なのは、自分の見積りである。自分を高く見積り、自分を信じれば、成長は望めるのだが、その挫折や試練から、自分がそれを乗り越えられない言い訳を考え始めたり、真正面から這い上がろうとしなければ、成長は望めない。そのために起業家や経営者はいつも挑戦者であるべきだ。

努力をしている人には、幸運の女神が微笑んでくれる。勿論、前向きでなkればならない。スピリチアルな力も自分の成長や成功のために利用できなければ成功はないと、まず、起業家を目指すなら、いつもチャレンジ精神を持って欲しい、そう私は願っている。

「54歳、今が旬のイケイケ人生」メルマガジン
54歳でコンサルテイング会社とWEB制作会社行なっていながら、毎月マニラに行ってコンドミニアムの投資の世話などもやってイキイキ人生を送っている男の年収1億円獲得へのチャレンジ物語

TAKEUCHI TORU

-